aceの独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三頭山 再訪

関東近郊低山の雪山ということで目星をつけていた三頭山。
今回の連休で関東地方にも2日間にわたり降雪が有ったので、日曜の好天に狙いを定め行った。

中央で雪の乗った山を見て気分盛り上がるw
20110213-081154_FP8_R.jpg
こりゃ期待できるぜ!^^

が、都民の森手前ので通行止めのゲートあり。 (AM9時頃)
ん?まさか行けないのか?と思いきや係員がスタッドレスならゆっくり行っても大丈夫との事!

着きました~~!
雪ありまんなぁ~~^^
20110213-091940_SX1_R.jpg

さっそく歩き始める。
前回と同じコースで回ろうと思っていたが、森林館の屋根の雪下ろしをしているとかで、建物横が通り抜け禁止になっていた為、逆回りの セラピーロードから滝~ムシカリ峠~三頭山~ブナの道~鞘口峠 と回ることに。

木のチップの上に雪が10cm以上乗っているので、もう、、フカフカw
20110213-093728_SX1_R.jpg
もち初っ端からアイゼンを付けました。

ほどなく大滝に到着。 滝表面は凍っていて氷と岩の間を滝が流れていた。
20110213-100506_SX1_R.jpg

紅葉の時綺麗だった休憩小屋付近
20110213-101038_SX1_R.jpg

ムシカリ峠側は沢沿いなので若干石がゴロゴロしている。
前日の足跡、当日2名ほど先陣の足跡があったが、通過の際に岩に足を取られることしばしば。
うん、、、、これ行き道で上り側で良かったな・・。と思った。
下りで岩・石の変な所に足を置いたら転びそうだw

どうやら家のやつはアイゼンが合わないようだ。歩きだして少ししたら、もう足が痛いと言い出す。
自分的にはアイゼンを付けると上る時のつま先側の滑りが無くなるのでスゴ~~ク歩きやすいんだが・・^^
20110213-101328_SX1_R.jpg

まー犬か猫か、と言ったら断然犬派のaceなんで、、、
雪道もワザワザ足跡の付いてない所をもっさもっさと歩くのが好きなんですw
20110213-101422_FP8_R.jpg


上っている間わ誰にも遭わず気持ちよく山中を進んだ。
20110213-103722_SX1_R.jpg

やはりペースが遅いのか、2時間ぐらいかかってムシカリ峠~西峰の尾根道に到着。
結構休み休み歩いた。500mlのペットボトルもここで一本飲みきった。
20110213-113148_SX1_R.jpg
雪の積もっているベンチの雪を払い小休止。(雪を払ったベンチは全く湿って無かった)
背中側から風が吹いて結構寒くなったので、フリースだけで上ってきたがジャケットを着込んだ。

以前来た時に西峰からムシカリ峠まで結構急で下った覚えがあるので、頂上まではちょっと大変なのかな。
20110213-115320_SX1_R.jpg
最後のひと踏ん張りで、林間の尾根道を上ります。左手には富士山が見える。

頂上手前でアイゼンを付けている関係?でアキレス腱側が少し痛くなる。
6本アイゼンなんで、、かかと側が下がっちゃうのかな。10本みたく足裏全体的にスパイク有る方が楽なのかも。。

西峰到着~~~~~!
20110213-120154_SX1_R のコピー
 
ここは富士山の展望が素晴らしい!(*゚∀゚)=3
20110213-120622_FP8_R のコピー

ベンチに座り富士を見ながらお昼タイム。
例によってシーフードヌードルとおにぎりアーンド紅茶^^
いや~うまいわぁw

富士山を見ながら、今年は2回は富士山行くぞ~~~~! と心の中で叫ぶw
20110213-120314_SX1_R.jpg

しばし休憩後、ブナの道側より下りる。
殆どの皆さんはこっち側から上って来たんだな。
下りは早いな~。雪が無い状態より早いと思う。かなり膝も楽。
20110213-134230_SX1_R.jpg

東峰には寄らずにそのまま下りた。
雪の吹きだまりに足を突っ込んでみたら膝ぐらいまで埋まる^^

一時間半ぐらいで下りてきました~。
20110213-140502_SX1_R.jpg



スポンサーサイト

榛名山 【掃部ケ岳】(かもんがだけ)

正月は初スノボに挑戦しまして全身筋肉痛になった。。
でもばっちり滑れたのさ!リフト4本目で(^ω^)

が、、目的は違うが冬山ってやつを体験して来た訳で^^
てなわけで、手軽な低山で雪を堪能したいなーと思ったのでした。
目星をつけたのが関越トンネル手前の榛名湖廻りの山。
正月に関越から見えた時は雪はかぶって無かったが、今ならうっすら雪があるんじゃないかなーと期待して行ってみた。
目指したのは榛名湖畔廻りで一番高くて、、、楽そうな掃部ケ岳(かもんがだけ)!

関越の渋川伊香保インターで下りて30分ぐらい走ると山道に入ってくる。
で、少しのぼると雪が・・・^^
20110109-083058_S8100fd_R.jpg
これは狙い通りかもしれんぞ^^

榛名湖畔廻りに着くと、湖面には薄っすら氷が張っている。路面は所々圧雪。
ムフフ。。丁度良いではないか。天気もいい。
20110109-085222_SX1_R.jpg
国民宿舎榛名吾妻荘の下にある無料駐車場に止める。トイレも完備。

準備をして歩き始めると、吾妻荘を通り過ぎるとすぐに登山口が見えて上に硯岩もみえた。
20110109-085316_SX1_R.jpg

登山口に着くと、ムフフ。。。なんとまあ、、狙い通りの状態。
20110109-085412_SX1_R.jpg
ちゃんと雪が残ってるではないか^^

そのまま少し上がる。前人の足跡もちゃんとあるし、全く心配なさそう。
若干雪が解け堅くなったり、踏み固まって滑るような所も多いので、初アイゼンを着ける。
20110109-090102_SX1_R.jpg
20110109-091448_SX1_R.jpg
ネットで買った安物のワンタッチタイプ6本アイゼン。
着けたら、、、、こりゃーザクザク進めるなw 全く滑る感が無くなった。
こりゃー楽しい!

で10分~15分ほど歩くと掃部ケ岳と硯岩の分岐に到着。
20110109-092558_SX1_R.jpg

先に硯岩に行くことにする。危なかったら引き返そうと思ったが、道は途中から急だが危険でもなく、ほどなく硯岩のてっぺんに到着。

眺めがいい・・・
20110109-093600_SX1_R.jpg
パチパチと写真を撮って引き返し掃部ケ岳に向かう。1時間弱で着くはず。

道中は雪の感触を堪能しつつ上った。
20110109-100900_SX1_R.jpg
20110109-103000_SX1_R.jpg

所々に木の階段があるが、殆ど木が隠れていて段々だけ分かる感じ。
アイゼンで木を傷つけ無いよう歩く。
10cm~15cm程度の積雪なので、まだ新雪の部分は歩くとふかふかで最高だった。

のんびり歩いて1時間ほどで頂上に到着。
20110109-104502_SX1_R.jpg
道中誰もいなく山頂も誰もいない。
時折風が吹くが雲も少なく天気がよかったので見晴らしも良かった。
20110109-113752_SX1_R.jpg
湖畔の90度ほど右手には、雪がたっぷり乗った浅間山。
20110109-112030_FP8_R.jpg

雪の上に座り榛名湖を見下ろし榛名富士を見ながらカップラーメンを食す。
まじ最高だったわ。。
しかも何故か必ず日清のシーチキンBIGw
20110109-110706_FP8_R.jpg
紅茶も飲んで落ち着いた所で、今日は先へは進まずそのまま下りる事にした。
榛名湖の周りは低山で囲われてるので一つ一つちまちま上るのも面白そうだ。
下りも感触を楽しみつつザクザク下りる。下り始めてから3組ぐらいとすれ違う。
そんなに歩いてないし雪のクッション?もあり膝の痛みなく今日は全く平気。
1時間ほどで登山口に戻ってきた。

その後は湖畔を1周ドライブして帰路についた。
20110109-125322_FP8_R.jpg
また来よう・・・。

金時山

なんか「富士山を見に行く山登り」になってる感じ。
富士の展望がめちゃ良いという事で金時山がターゲットになりました。

また早朝から現着です。
御殿場~乙女峠手前で日の出直前の富士山を道路脇に止めて車中から一枚。
20101212-062940_SX1_R.jpg
ん~なんつ~安定感のある形なんだろう。

公時神社下の無料駐車場に到着。
20101212-072242_SX1_R.jpg

準備をして上り始めました。
そのまま公時神社横から上るコースを選択。
上る前に神社で 2礼2拍1礼をする。ちゃんとお賽銭も投入^^;
20101212-072528_SX1_R.jpg

すぐ登山口となります。
ごろごろした枯れた沢みたいな山道って感じ。
20101212-072824_SX1_R.jpg
20101212-073916_FP8_R.jpg
平坦な道や、規則的な階段よりは数段いいです。
どこに足置こうか、、などと見ながら歩くのは富士山の上りと感覚が似ています。

林道を横断ししばらくすると有名らしい二つに割れた大きな岩がありました。
見るとついつい「おお!っ」っと声が出ちゃいますよ?
H6~7MxW10Mぐらいもある岩がパックリ二つに割れてるんだもんw
20101212-075212_SX1_R.jpg

しばらくしたら林道を横断し、山道に入っていきます。
こちらのコースは直線的に上がっていくコースなのかな?
蛇行しないで真っすく上る感じです、なのでそこそこ角度がある。
コース序盤~中盤までは土道です。
20101212-083016_SX1_R.jpg

頂上が近付くと石がゴロゴロの急坂になってきます。
20101212-084234_SX1_R.jpg

頂上寸前で富士山も見えてきました。
上り切ると、、、、、素晴らしい展望が待ってました。。。
いや~~~ここは気持ちいいわ^^
20101212-094028_SX1_R.jpg
構図も変わらんのに同じような写真をパチバチ撮っちゃいましたw

富士の右裾野向こうには北岳が見えてます。
20101212-093220_SX1_R.jpg

富士の山肌
20101212-093246_SX1_R.jpg
宝永山
なんとなく東屋だか山小屋だか見えてます。
20101212-093256_SX1_R.jpg

頂上の方位盤
20101212-094252_SX1_R.jpg

千石原 
芦ノ湖の手前にゴルフ場が見えてますが、、、、
もしかしてあそこは、、、、? と思いましたがやはりそうでした。
昔高校生の頃ひと夏バイトをした箱根カントリー倶楽部です。
(真ん中に池が有るのが箱根CCです)
昔の記憶だと芦ノ湖側から 芦ノ湖CC~箱根CC~大箱根CCと三つ繋がってると聞いたような。。
※と、、調べたら芦ノ湖CCじゃねーわw 箱根湖畔GCでした。
遥か向こうにはかすかに駿河湾も見えました。
20101212-095226_SX1_R.jpg
そういえばバンに大人数乗り込んで夜中の乙女峠とかに行ったっけなぁ・・・なついw

富士山を堪能しながら9時過ぎですが、、、もうお昼タイムです。
山頂には茶屋があり、トイレ(有料)もありました。
今回は体調を整えているので「はばかり」はしませんでしたwさすがww大人だぜww

10時近くになってきたら猛烈に人が上がってきたので片づけ始めました。
そんなに広い山頂でもないので100人もいたら超満員かな?

また下りる前に富士山の写真をパチパチ撮って下り始めました。
コースはそのまま戻るのもなんなので、、、長尾峠~乙女峠経由で下ります。
こっちのコースの方が若干楽かな~上ってくるにしても。
金時山近くは土の割合の方が多い岩道で、しばらくすると土道って感じでした。
しばらくすると長尾山頂です。
20101212-103822_SX1_R.jpg
ただ広いだけで何もない、おまけに展望もあまり宜しくない。
なので、ここは皆さん軽く水分を取る程度の休憩でスル―するようです。

もう少しなだらかに下って行くと乙女峠。
20101212-110156_SX1_R のコピー
ご親切にカメラ台と撮影台があるので1枚。

狭い所なんですが、下から上がってきた人で賑わってました。
ベンチもあったのでそこでランチの方もいらっしゃいました。

乙女から県道までの道は、急では無いが結構岩ゴロゴロの所を歩きます。
20101212-111522_SX1_R.jpg
しかし、、前出のようにこれはこれで全く苦にならない。
本当にこういう道の方が楽しい。
30分ぐらい下りていくと県道の登山口までたどり着きました。
20101212-114522_SX1_R.jpg

ここからは10分ぐらい県道沿いを歩いて公時神社の駐車場まで行きます。
20101212-114556_SX1_R.jpg
途中金時山の山頂が見えますが、下から見るとあんな所に居たのか??と思います。結構高く見えるので・・。
駐車場まで戻って来て一息。

そそ、駐車場にトイレあり(水洗)出かける前と到着時に利用しました。

【ルート】
往路:
公時神社~金時山      7:30~8:55
金時山~乙女峠       9:55~11:00
乙女峠~県道~駐車場   11:10~11:55
コース._jpg
ここは楽だし良い所ですね、年3~4回来たい感じです^^

高尾山ふたたび

高尾山にまた行った。
前回は道中ずっと雨だったので展望?見たいなものは皆無だったもので。。
今度はゆっくり景色を見ようとしたが、、、、

出発したのは
20101209-051146_FP8_R.jpg
朝方?真夜中?の5時。 
そうです!今回は日の出を見ようと目論んで出発しました。

当たり前ですがケーブルは乗れないのでw ルートは、、、この前歩いた6号だと沢沿いで暗いだろうからと、尾根沿い道の「稲荷山コース」で決定!

ヘッドライトを付け歩き始めました。 
しかし、、静かな暗闇の中での山上りとは行かず、道中の3分の1ぐらいは下の国道からの車の音が聞こえます。
富士山みたくコース上に夜でも誰かしら居る、というわけではなく・・w 人っ子一人いませんでしたねw

展望台で1枚
20101209-055714_FP8_R.jpg
なかなか綺麗。でも日の出まであまり時間がないのでゆっくりせず先を急ぎました。

下調べによると日の出時間は6時40分頃。
なんとかギリギリ6時半ぐらいに高尾山に到着しました。
さむい!w で、誰もいねぇw
20101209-063442_FP8_R.jpg

雲があったので雲の上の日の出になりました。
20101209-065904_SX1_R.jpg
ほぼ7時なんで10分以上は雲の中だったのかな。
また日の出頃に二人ぐらい登山者が上がってきました。

朝日を浴びなからゆっくり自販機で買ったホットココアをいただく。

富士展望台から富士山がきれいに見えてました。
雲?霧?に被われそうな相模湖ピクニックランドの観覧車もみえてます。
20101209-073000_SX1_R_R.jpg
ぱちぱち写真を撮ったところで、一丁平方面へ向け出発。
前に来た時は雨降りのなか歩いたので一丁平で引き返しましが、今回はもう少し先を目指します。

ただ、、膝がねぇ・・・^^;
すでにちょっと痛くなりそうな気配がある。やばいやばい。

一丁平に到着。
トイレがあるので少し身を軽くした^^
こんな山の中なのに水洗なのね。。高尾ってすげーわw
そういえば山登ってから大したのは初めてかもwww
トイレがどこにでもあると思うとしちゃくなっちゃうのが人間の心理だろな。
こんな至れり尽くせりだとほかの山行った時不便さを感じたりして^^;

少し上の展望デッキでまた一枚。
20101209-083340_FP8_R のコピー

写真だけとって先を急ぎます。
またしばらく歩くて小仏城山に到着。
着いてまず思ったことは、ベンチの数がパネェ!!!
そんだけ人が押し寄せるんだろう。
20101209-085556_SX1_R.jpg
実際は移ってるベンチの2倍以上あります。

富士と松ノ木のバランスがよく、眺めが良いのでしばし眺めながら休憩。
20101209-090348_SX1_R_R.jpg
松ノ木の横に丸太の腰かけがあるが、その横の芝生??にレジャーシートを広げランチをすると最高だろうな。
まーでも今日の目的は景信山なのと昼には少し早すぎなので残念に思いつつ後にしました。
そういえば小仏城山からもスカイツリーが見えました。
肉眼ではなんか高いものがある?程度ですが望遠で撮って家で見てみたらしっかり写ってました。

狸さんが山頂標識の横にある小仏峠頂上を抜け景信山に近づいていきます。
んーこの登りがきつかったかも^^;
膝も痛くなってきていたし、そこそこ急坂の道も石ごろごろ、所によりツルツルといった道でした。

もうやだ!と思う頃ちょうど景信山に到着しましたw
20101209-102240_FP8_R.jpg
10:30と早めですがここでお昼にしました。
景信山も城山の半分程度ですがベンチがたくさんあります。
富士山は山頂にちょっと雲がかかって来た感じ。

景信山を折り返しでまた高尾山に戻ります。
城山山頂のアンテナ、高尾山頂のアンテナと両方見えているんだけど、「あそこまで戻るのかよ・・・・」といった感じ。
結構遠く見えるもんだわ。

膝が痛いのでサポーターを巻いて、念のための痛み止めボルタレンをのんで下り始めた。
痛くならないように気を使っていたから激痛までは行かなかった。よかったよかった^^;

城山まで戻ってきたら富士山が雲で見えなくなってた。
ちょうど12時ごろかな?
20101209-115054_SX1_R_R.jpg

往路の9時ごろはこんな感じだった。
20101209-090204_SX1_R_R.jpg

ほぼ来た道を戻り、1号路の下りコンクリ道はいやなのでケーブルカーに乗りました。
20101209-132804_SX1_R_R.jpg
13時40分には清滝駅に到着。

【ルート】
往路:
稲荷山コース~高尾山       5:00~6:30
高尾山~一丁平          7:30~8:00
一丁平~小仏城山         8:15~8:55
小仏城山~景信山         9:15~10:20
復路:
景信山~小仏城山        11:00~11:50
小仏城山~薬王院        11:55~13:00
高尾山駅~清滝駅~高尾山口駅  13:30~13:45

あら、5~6時間あるいてるんだな。
fmfm 疲れるわけだww
all_course.jpg

御岳山~日の出山 その2

武蔵御嶽神社の途中から周回路の方へ抜けるショートカット道が有りました。
20101123-131832_SX1_R.jpg

かなり急な階段道。おまけに段々の木が濡れていて滑りそうな^^;
慎重におりました。

下りきって少し歩くと長尾茶屋に到着。
ここが周回路の起点という感じです。
20101123-132632_SX1_R のコピー

左から回っていき、七代の滝をめざします。
20101123-134118_SX1_R.jpg
20101123-134400_SX1_R.jpg
下りてる間はずーっと滝?沢?の音が聞こえてました。

音がだんだん近くなってきた頃、足元もじめじめしてきた。
20101123-135232_SX1_R.jpg

滝に到着~~
意外とあっさりした感じの滝で御座いまして・・・w
20101123-135554_FP8_R.jpg

それよりもちょっと滝の横にある、この急勾配の階段が気になっちゃってwww
20101123-135930_SX1_R.jpg

天狗岩に到着するまでなん4~5回同じような階段を上ります。
上り切ったところに天狗岩
20101123-141048_SX1_R.jpg
天狗岩の裏からの一枚


この天狗岩越えてからの路が良かったですねぇ・・^^
20101123-141650_SX1_R.jpg
沢沿いに整備整備された道があり、前回の手のはいって無い山に比べるとこっちの方がいいような・・w
やっぱまだトレッキングかじりたてなんで、こういう道の方がしっくりくるんでしょう^^;

綾広の滝到着  グループの方に写真を頼まれパチリ。 お返しで撮って頂きました。
20101123-143806_SX1_R のコピー

七代の滝~綾広の滝~その先 このあたりがロックガーデンなんでしょうか。
岩にコケが綺麗で写真撮りまくりでした。
20101123-143442_FP8_R.jpg

また引き続き気持ちいい道を歩いて長尾茶屋まで帰って来て1周です。
20101123-151112_SX1_R.jpg

この一周がかなり距離があり、前半の急な下りなどで膝も痛くなり、結構きつかったです。
しかし、日の出山も良いしこちらの1周も良いので欲張って両方歩きたくなりますね。
最初に思ってた印象だと、こっち1周は超軽装でも来れるかと思ってたんだけど、長尾茶屋からの左回りで天狗岩までは無理ですね。 右回りで長尾茶屋~ロックガーデンあたりまでは普段着でも来れるかと思いました。

まーでも足(膝)の痛いこと痛いこと・・・(xx
朝からサポーターつけておくべきでした。
御嶽神社からの下り近道~長尾茶屋から~七代の滝までで完全に膝やられましたw

4時前頃にロープウェイ駅到着。
20101123-154058_SX1_R.jpg

map02.jpg


【ルート】
滝本駅~御岳山駅                   10:05~10:15
御岳山駅~日の出山                  10:15~11:20 ~お昼
日の出山~武蔵御嶽神社                12:10~13:10
武蔵御嶽神社~近道経由で 長尾茶屋          13:10~13:25
長尾茶屋~七代の滝~天狗岩~ロックガーデン~綾広の滝 13:25~14:40
綾広の滝~長尾茶屋                  14:40~15:10
長尾茶屋~御岳山駅                  15:10~15:40 
                           16:00~帰路

ふむふむ。なんだかんだ4時間ぐらい歩いていたみたい。
やはり膝にとって4時間はハードだったのか~w ん~今後大丈夫かな^^;

御岳山~日の出山 その1

結構なんだかんだ連ちゃんで行ってます^^;

今回はまた近場で、、天気予報もあまりよさそうじゃなく、朝まで雨~のち曇り晴。なんていう予報だった。
まーまた雨の中歩くのも良いかなーと思ってそこそこ楽そうな山と思ってたんですが。。。

滝本駅に到着~~~~^^
隣接の立体駐車場に止めて準備準備。
雨もほぼ上がってたのでカッパもブーツスパッツも着けずにザックに忍ばせ、GO~~!
20101123-100512_SX1_R.jpg
ケーブルカーが有るので、それで上まで行っちゃおうという計画w
(下道がアスファルトもしくはコンクリ路らしいので下から歩くのはやめ)
10時ごろだったので結構人もいて、、ケーブルカーは満員御礼。
通常運転じゃなくて常にピストン輸送?みたいな。
ギリギリ紅葉が見れる感じだし、日曜だし、人出が多かったみたい。

10分弱で御岳山駅到着
20101123-101508_SX1_R.jpg

到着してすぐの広場。 結構見晴らしいいでっせ?
スカイツリーもここから見えます。
20101123-101554_SX1_R.jpg
20101123-101630_SX1_R.jpg
雲が残ってるものの、雨上がりのせいか空気が澄んでいて、結構遠くまで見渡せたと思います。

武蔵御嶽神社のたもとまで結構な舗装急坂が続く。
人も多かったので。。もともとは神社の方から奥~ロックガーデン~周回コースに行こうかと思っていたが、
先に人が少なそうな日の出山方向に行くことにした。

(初めて来たのでロックガーデンとか周回コースとかかなり整備されてて、人が一杯かとおもったんだよね。
 でも実際は普通にいい山道で、人が多いのはその入り口の長尾平分岐までだった)

目指すはあそこに見えている山! 日の出山方向へGO~~!
20101123-102132_FP8_R.jpg

ん~まだまだ紅葉が良い感じですよ^^
20101123-102230_SX1_R.jpg
20101123-102440_SX1_R.jpg

民家・旅館の間を抜け、いよいよ本格的な山道に。
20101123-105404_SX1_R.jpg
20101123-105726_SX1_R.jpg

なだらかに下り、なだらかに上り、少々階段あり、1時間ぐらいで日の出山に到着です。
ん~~~さすがにガイドブック通り、展望はいい!!
20101123-111800_SX1_R.jpg
20101123-112114_FP8_R.jpg
20101123-112148_SX1_R.jpg

スカイツリーもこの通り。
20101123-112236_SX1_R.jpg

東京向き方向に並んでいる見晴らしのいいベンチでお昼です。
20101123-112502_SX1_R.jpg

おにぎり食べてカップラ食べてコーヒーを飲んで一息ついたら、来た道を戻ります。
20101123-122126_SX1_R.jpg

行きと同じぐらいで1時間ほどで武蔵御嶽神社に戻ってきました。
今度は神社の石段を上る。
20101123-130826_SX1_R.jpg
いや~~~~めっさ紅葉綺麗だ。こりゃ人来るよw

あまりにも綺麗だったのでタイマーでパチリ。
20101123-131520_SX1_R のコピー


その2へ続く

浅間隠山

立て続けに行ってきました。

紅葉を追っかけて神奈川(伊豆方向)と言う手もあったが、
まーそれだけが楽しみでもないしな、、、との事で道も空いてそうな関越方向へ。浅間隠山。
下調べでは噴煙を上げている浅間山が見えて、360度の展望らしい。
まー曇り予報だがしょうがない。

関越の高崎で下り、1時間ほど走るかな?
だんだん田舎になってきた。
20101114-090734_FP8_R.jpg

山のふもと、峠が始まる前ぐらいの小山。
この辺で紅葉が終わりころか。 それでも綺麗な色合い^^
20101114-091818_FP8_R.jpg

登り口近くの駐車場へ。 15台ぐらいとめられる感じかな?
AM9:45
20101114-094506_SX1 のコピー_R

1分ぐらいで二度上峠の登り口に到着
20101114-093750_FT1 のコピー_R

今までの高尾山、三頭山とは違い、人の手があまり入ってないような雰囲気。
20101114-094842_SX1_R.jpg

途中「急坂、強者ライン、若者、プロ級」なんて書いてある木があるw
そこまで書かれたら、、、、わき道のジクザクを行くよww
20101114-095502_SX1_R.jpg

中腹より胸ぐらいまである笹道?行く。
20101114-101118_SX1_R.jpg

景色的にはあまり見る所がなく、程なく頂上場見えてきました。
20101114-111046_SX1_R.jpg

山頂の方位盤
20101114-111432_SX1_R.jpg

曇っていたが意外と山は見渡せた。
浅間山の噴煙は雲とまぎれて判別しにくい。
20101114-120028_SX1_R.jpg

雲がかかり幻想的な山々の連なり。
20101114-120108_SX1_R.jpg

うん、正に360度の展望!
落ち着いたところで山頂でシートを置き、コーヒー&おにぎりタイム。
またカップラーメンを食べたw
山頂で食べるカップラは、およそ2倍ほどうまいw
11時半にもなると狭い山頂は結構人で一杯になってきた。
20101114-120200_SX1_R.jpg


ちょっとお話をしたおじさんに写真を撮ってもらった。
20101114-121148_FP8 のコピー_R

下りはまた来た道を引き返す感じ。
二度上峠側から登ったが、反対側の北軽井沢殻も浅間隠山に到達できるらしい。
そっちのコースのほうがえらく長いので、そっち方向から山頂へ来たという人はいない感じだった。

20101114-130558_FT1_R.jpg
上りも下りも途中かなり急なところもあったが、ストックのおかげでかなり楽だった。
今まで下りになると先日痛めた膝横の筋が痛くなっていたが、このコースは階段という人の手が入った道が無かったせいか痛くならなかった^^

【ルート】
往路:二度上峠~山頂   AM 9:45~11:15
復路:山頂~二度上峠    PM12:00~13:20

三頭山

前回の高尾山は紅葉には少し早かった&雨。
で、関東近辺で紅葉見ごろのタイミングだったのが、11月3日とか6日だったのかな。
だけど3日は例年通り、、入間に出撃だし、6日は仕事^^;
残念~っと思っていましたが、たまたま?wスケジュールが空いていたので有給とって行ってきました。

圏央道で上野原ICへ向かう。
途中富士山が見えてきて軽くテンションあがるw
20101111-074900_R.jpg
最近は空が澄んでいるので、仕事中屋上から関東近郊の山々や、富士山が見えるとマジでテンション上がるんだよね~。。。なんかワクワクしてくるというか、、^^;

東京都檜原都民の森」駐車場へ向かう。
到着真近でこんな山肌が見えてきて思わずパチリ。
20101111-085900_R.jpg

駐車場到着~。 廻りからして綺麗ですw
20101111-090120_SX1_R.jpg
20101111-090352_SX1_R.jpg
WEB調べによると、下の方は紅葉見頃で山頂付近は終わり頃とのこと。

さっそく上り始めます。
この辺は人の手が入っているので綺麗な景色。
20101111-092744_SX1_R.jpg

右から周り「ブナの路」へ。
結構急坂もありました。
20101111-102754_SX1_R.jpg

途中仕事の電話で1時間ぐらいロスw

頂上手前で富士山が見えた。(11時頃)
なかなか四方すっきりと見渡せる場所は無いかも。
20101111-113344_SX1_R.jpg

山頂付近は東峰~中央峰~西峰とあり、
丁度お昼頃だったので、中央峰横のベンチで昼食タイム~休憩。
念願の頂上カップラを食すw  ただのシーフードヌードル何だが、、いや~w格別だねww
昼食終わってから西峰の方へ向かったが、そっちの方が広かった。富士山展望もあるし良かったかも。
あいにく富士山の所だけ雲?靄?がかかっていて見えなかったけど。。

帰りはムシカリ峠~三頭大滝~コースで下りる。
このルートが良かったね~。。
沢沿いを下りてくるんだが、景色もいいし、沢のせせらぎは常に聞こえているし、道は雰囲気あるし^^
写真を撮りまくりながら下りているので、時間かかる事ったらないww
20101111-132238_FP8_R.jpg

三頭大滝付近の休憩小屋
ん~すてちなたたずまい・・
20101111-140302_SX1_R.jpg

三頭大滝&滝見橋
20101111-140732_yo のコピー_R

滝から~下りきるまでの 大滝の路(森林セラピーロード)
ここがまた綺麗なこと・・・・・
足場はヒノキのチップが敷き詰められていて、ふかふかで気持ちいい。
20101111-142046_SX1_R.jpg

紅葉ショットw
20101111-140828_SX1_R.jpg
20101111-143604_SX1_R.jpg
20101111-143410_SX1_R.jpg

【ルート】
往路:ブナの路 鞘口峠~見晴小屋~山頂  AM9:30~12:00
復路:山頂~ムシカリ峠~三頭大滝~大滝の路 PM12:30~15:00
 (途中仕事電話や、写真撮りすぎでロス多々あり)
mapjpg__R.jpg

しかし高尾山といい、今回の三頭山といい、、東京近郊に良い山があるんだなぁ~と思いました。

高尾山

富士山から戻って数日。
不思議な事にまた行きたいと思うようになってきたw
まーでも、今はもう冬山なので、近場の山でも行こうかなと。

今まで全く山とかトレッキングとか興味なかったのになぁ~~w
人間分からないもんだ。と今回の一件でつくづく思ったよ。
アウトドアショップ巡ったり、用品をネット注文したり・・
いや~楽しいwwww

で関東近郊の山でも行こうかね、と高尾山へ。
こんな山なのに、、富士山よりも装備はばっちりなのである。
登山用シューズに、、、シューズスパッツ、ストックに手袋。ストックはもちろん2本だw
バックパックにバックパックカバーまで。
高尾山では絶対使わないであろう、、バーナー&ガス+水+湯沸かし用のクッカーまで。
いやいや、これは使うんじゃなくて、持っていけばどれぐらい嵩張るのか、、の実験なのだよ^^
予定日の天気予報は朝から雨なのだが、まったく関係なしで、うちのやつと行ってきました。
P1020110_R.jpg
はい、朝からシトシト降ってましたがお構いなしw
高尾山口駅前のパーキングからフル装備で出発。

事前に決めておいたルートで、往路は6号路で行く事にした。
P1020107_R.jpg
駅横を抜け、少しアスファルト舗装された道を歩くと6号路の入り口が見えてきた。
P1020122_R.jpg

なかなか、これは楽しい道ですよ?? 思ったよりもずっと山道らしい。
P1020135_R.jpg
P1020152_R.jpg
写真は結構狭めの道を撮っているが、人が2・3人並んで歩けるぐらい広い場所もあった。
行楽シーズンはこの道にハイカーが数珠つなぎになるのかな。。
そう考えるといい日に来たもんだ。
なんせ頂上近くまでで見かけた人は一人二人だったからね。
P1020167_R.jpg
途中大きな倒木がいくつもあり、綺麗にコケが生えていたりした。
P1020164_R.jpg

10月で雨天という事もあり、蒸し暑さはなく、気持ちいい寒さで森の中を歩いた。
オゾン?が沢山なんだろうな~と、思ったりした。
結構早く頂上に到着~~。
人影はメッチャまばらだww
P1020195_R.jpg
頂上でしばしオニギリを食べ、コーヒーを飲む。自販機で買ったコーヒーねw

一息ついたところで、予定とおりもう少し足を伸ばし一丁平まで行く事に。
P1020199_R.jpg
高尾山頂から横に30分ぐらいらしいが、ゆっくり行ったので片道1時間弱かかったかも?

もみじ平を抜け一丁平に。
紅葉シーズンじゃないのがおしい。
3コースぐらい並行であるので、復路は違うコースで高尾山頂まで戻ってきた。

山頂からの復路はメインストリートの1号路で薬王院に寄って帰る予定。
P1020250_R.jpg
天狗様が一杯いました。お面とかも。
P1020251_R.jpg
なんか雰囲気のある奉納の石碑群。

で、、1号路の下りは。。。コンクリートに石が埋めてある道で、、、、、
一丁平へ行く途中、ちょっと足を滑らせこらえた時に変な筋を痛めたみたいで、この1号路の下りで痛くなってきました^^;

【ルート】
往路:高尾山口駅~6号路~高尾山頂   9:40~11:30
   山頂~一丁平~山頂       12:00~13:20
復路:山頂~1号路~高尾山口駅    13:20~14:50

さて、、次はどこへ行こうかな^^

富士山その3

8合目のトモエ館で泊まる予定だったが、、、
やはり、、、遅くなり断念。七合目のトモエ館でお世話になる事に。
20100919-183336 のコピー_R

相棒は明るくなってから頂上を目指そうと言っていたが、「頂上でご来光が見たい!」という思いのが捨てきれず
先に一人で行く事とした。

7時から10時ころまで睡眠を取り、11時に7合目を後にした。

真っ暗闇の中での上りは緊張感があった。
前にも後ろにも人がいない状態が結構続き、一人ぽっち感を十分に味わえたw
いや~~~夜中はいいもんだ。なんか癒されたんだよなぁ~・・・。
20100920-005136 のコピー_R
20100920-012232_R.jpg
うん。7合目~8合目の間が一番つらいと思うw
途中で相棒にメールを打った。
「8合目は無理だとおもうよ、そのまま下りた方がいい」 とw

本8号に1時半ぐらいに到着。
8合目のトモエ館内でコーヒーを飲んで一息つく。 焼き印もお願いした。
ここでカッパを上下着込む。

ちょっと風が出てきたが気合いを入れてもうひと踏ん張り。
頂上までもう一息だ。
20100920-032506_R.jpg
3時半ぐらいに到着した。

4時半まで神社?の片隅で風をしのぐ。
気温は0度だったらしい。カッパを着こんで、風の弱い隅っこにいてギリギリの状態だった。
周りではお湯を沸かしてコーヒーを飲んだりカップラーメンを食べたりしている人がいた。
これがメチャメチャうらやましかった・・・。

5時前には頂上付近にて日の出待ち。
20100920-050904_R.jpg

頂上でご来光を待ちわびる人たち。
20100920-051916_R.jpg

そして感動の日の出。
平成22年9月20日のご来光だ。
20100920-053134_R.jpg
20100920-052752_R.jpg
5時28分だった。

頂上到着時に仲良くなった人と写真を撮りあう。
20100920-053258 のコピー_R
20100920-053920 のコピー_R

いやぁ~・・・ 感動した。
P1010760_R.jpg

だが、、御鉢回りする元気は無しw
(剣ヶ峰の存在を知らなかったんだよね・・・)

相棒が7合目から下山するので早急に下り始め事とした。
山頂で仲良くなった名も知らぬ人とお互い「それでは気をつけて」と声を掛け合い別れた。

5時50分頃から下山開始。
20100920-063236_R.jpg

8合目~ぐらいまでは下りでも絶景。
20100920-063240_R.jpg

だけど、、、靴はバドシューズだし、、ごろごろした所は足をとられる。
靴の中にも小さい石ころが入る。
膝もメッサ痛いw
もう下りは途中から膝の痛みとの闘いでした。
「二度と富士山なんかくるもんか!」と思いながら下りてました。。。

下りてる間に相棒からは数回の電話。
(2時間ぐらいでササっと下りれたようだ)
「まだ~~~」
とか
「もう五合目で時間つぶし飽きちゃったんだけど」
などと、気が抜ける電話が入るw

悪いから早く下りなきゃ~と思いつつ、膝が痛いので休み休み下りた。
9時半頃5合目に到着。


【ルート】
上り:吉田口ルート~7合目トモエ館 15時半~18時半
   7合目~山頂  23時~翌3時半
下り:下り専用ルート~6合目より吉田口に合流 5時45分~9時半
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。